メニュー

高血圧について

血圧ってなあに?

そもそも血圧というのは、血液が血管の壁を内側から押すときの圧力のことを指します。

この血圧を決めるのは、心臓から出る血液量(心拍出量)と、末梢血管での血液の流れにくさ(末梢血管抵抗)です。

 

血圧はどうやって見ればいいの?

血圧を測定すると「120/70 mmHg」と表示されます。

一般的に、高い方の血圧を収縮期血圧、低い方の血圧を拡張期血圧と呼びます。

 

収縮期血圧(上の血圧)って?

収縮期

心臓から全身に血液を送り出しているとき、心臓は収縮し血管の壁には圧力がかかっています。

このときの血圧が収縮期血圧です。
高齢になってくると動脈硬化(血管の石灰化)が進むため、血管が硬く広がりづらくなり高血圧になります。

 

拡張期血圧(下の血圧)って?

拡張期

心臓に血液が戻る状態では心臓が血液で拡張し、血管にかかる圧力は低下します。
このときの血圧が拡張期血圧です。

 

脈圧(上の血圧と下の血圧の差)?重要なの?

収縮期血圧と拡張期血圧の差は意外に重要です。
この差が大きいほど動脈硬化の進行している可能性が高く心筋梗塞や脳卒中などを起こしやすいと言われています。

 

高血圧っていくつ以上から言うの?

高血圧の基準値に関しては140/90mmHgで変わりはないですが、近年の研究で降圧目標が厳格になってきています。
以前は140/90mmHg未満を降圧目標として推奨していましたが、ガイドラインの改定で130/80mmHg未満(75歳未満の成人)へと降圧目標を強化しています。

 

 

なぜ血圧は上がるのか?

様々な原因がありますが、さきほどの血圧の規定因子の「心拍出量」と「末梢血管抵抗」の異常が高血圧をきたすと考えるとわかりやすい。

・心拍出量の異常:緊張・ストレスなどの交感神経活性化、食塩過剰摂取、腎機能低下に伴う濾過量低下

・末梢血管抵抗の異常:緊張・ストレスなどの交感神経活性化、レニン・アンジオテンシン活性化、動脈硬化

 

ほっておくと良くないの?

高血圧の初期には症状は来さないことが多いですが、重症高血圧や長期高血圧は臓器障害(主に心血管系、脳、腎臓)に影響を与える。心血管系であれば心筋梗塞などの冠動脈疾患や心不全、脳であれば脳出血などの脳卒中、腎臓であれば腎不全をきたす。

そのため、早期の認知を行い医師と治療方法を相談することが大切です。前例が内服薬が必要ではなく、生活習慣の改善でコントロールできる方もいます。

 

 

ちょっとした疑問:

・血圧の測定方法(測り方やタイミング)

 血圧は様々な状況で大きく変化するので2週間以上の間、毎日連続して血圧を測定する必要があります。

 血圧計は指・手首・肘で測定するものがありますが、できれば肘で測定する機械を選択してください。

 血圧を測定する際には、朝・就寝前の2回測定が推奨されています。朝は起きて排尿し食事前の活動に入る前の時間帯です。就寝前はフトンに入る前の穏やかな時間帯です。

 

・血圧どの血圧を基準にしたらいいの?

 血圧測定の数値は、診察室血圧よりも家庭血圧を優先とします。診察室血圧と家庭血圧の差があるものに2パターンあります。

 

・診察室血圧>家庭血圧:白衣高血圧

 診察時のみ緊張して血圧が高くなるもので、家庭血圧が正常であれば一般的には降圧治療は必要ないと言われています。
 ただ、将来的に治療が必要な高血圧に移行する可能性が高いので注意はしてください。

 

・家庭血圧>診察室血圧:仮面高血圧

 健康診断や診察時は正常なのに家庭や職場で血圧が高い状態。この場合は診察時以外の多くの時間で高血圧の状態にさらされているため、治療介入が必要になります。

 

 降圧薬を途中でやめられる人はいますが、少ないです。
 薬を使って血圧がしっかり正常に下がっていて、減塩・運動・肥満改善などの生活習慣の改善ができていることは重要になります。
 血圧の薬は、将来の病気合併の予防の薬です。

 

血圧に関しては、本当にささいなことでもいいので気軽にご相談してください。
色々と高血圧の資料などもクリニックにありますので、ぜひ参考にしてください。

宮内隆政

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME