メニュー

ドクターズブログ

ピロリ菌除去のすすめ(2021.04.26更新)

医師の山口です。

「ピロリ菌」という細菌を聞いたことありますでしょうか?

ピロリ菌はヘリコバクター・ピロリというのが正式な名前で、

ロビン・ウォーレン教授とバリー・マーシャル教授によってを発見され、 彼らは2005年のノーベル医学生理学賞を受賞しました。

彼らは胃炎患者の多くの患者でピロリ菌を確認し、最後はマーシャル博士がピロリ菌を自ら飲もという実験を行い、実際に急性胃炎が起こることを確かめたという有名な話があります。

ピロリ菌は胃炎のみならず、多くの病気の原因となります。

(https://www.jca.gr.jp/public/seminar/023/001_asaka.htmlより引用)

感染者のなかにはリンパ腫という血液の癌になるかたもおります。

 

日本では感染者は昔よりも減少してきてはいますが。

感染者の減少の原因として冷蔵庫が普及して、衛生環境が改善したとも言われていますが

(https://www.gankenshin50.mhlw.go.jp/susume/2009/contents8.html)、まだお若い方でも感染している方はいらっしゃいます。

ピロリ菌は抗生物質で除菌することができます。

胃のムカムカする症状のある方は放置せずにピロリ菌の検査をして、

未来のために除去することをおすすめしたいです!!

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME