メニュー

ドクターズブログ

日本小児科学会に行ってきました(2022.04.20更新)

小児科医の杉原です。

 

土日に休診をいただいて、郡山でおこなわれた日本小児科学会に行ってまいりました。

懐かしい知人と偶然出くわして、うれしい気持ちになったり

勉強になることもたくさんありましたが、1つだけあげるとしたら、ハッとさせられた言葉との出会いがありました。

 

尊敬する、岡部信彦先生のCOVID-19についてのご講演のなかで。

岡部信彦先生が研修医になった1970年代は当直にいくたびに、死亡診断書をかくことが稀ではなかった

という言葉があったのです。

僕はハッとさせられました。

僕が研修医の頃にはすっかりそういうことはなくなり、年に数回死亡診断書を書く、ような水準になっていました。

当直にいくたびに子どもを看取る。

どんな気持ちだったんだろう。

どんな覚悟で仕事をしていたんだろう。

今でも世界で活躍される岡部先生は、諸外国でも子どもたちの死と向き合い、対峙して、解決に役立つ活動を一貫して行っている。

僕らはそうした巨人の肩の上にたたせていただいている。

そういう感謝のような気持ちや、自分の覚悟を引き締めるような気持ちになったのでした。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME