メニュー

6歳未満の市販で買える風邪薬は中止したほうがいいと思っています

[2019.05.31]
大昔の記事ですが、いまだに日本では子供向けの風邪薬が薬局で購入できるままになっています。 =================================================================================== 6歳未満の風邪薬中止を 米医薬品局諮問委が勧告 【ワシントン19日共同】米食品医薬品局(FDA)の小児医療に関する諮問委員会は19日、医師の処方なしに買える風邪薬やせき止め薬は、子どもへの効果が確認されていないとして、6歳未満の子どもに使うべきではないとFDAに勧告した。AP通信などが伝えた。 FDAは薬の販売中止や表示の変更、効果確認のための臨床試験の実施などを製薬会社に求めるかどうか検討する。 米国では今月中旬、主要な製薬会社が「飲み過ぎにつながる恐れがある」との理由で、2歳未満の乳幼児向けの風邪薬14種類を自主的に回収していた。 専門家22人からなる諮問委は、せき止めや去たん剤、抗ヒスタミン剤などを含み、風邪の症状を抑えるとされる一般的な市販薬について、6歳未満 への効果を裏付ける研究成果はないと結論付けた。大人を対象にした研究からの推論しかなく、この年齢層は薬の副作用を最も受けやすいとの意見が出された。 2007/10/20 10:02 【共同通信】

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME