メニュー

健康診断で引っかかった方・要再検査の方へ

健康診断は自分の健康を知るための大切なツールの一つです。

”いま”は、特に自覚症状がないから大丈夫だと思っていても、健康診断で指摘された異常に対応せずにいると、「心筋梗塞」や「脳梗塞」を引き起こすリスクが高まります。

その原因として知られているのが、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病で、これらに早期から対処することで、生活に支障が出るようなリスクを減らすことができます。

だから、『まず、医療機関を受診してみる』ことが重要になります。

実際に郵送されてきた健康診断の結果をみても、「一体どうしたらいいの?」が本音ではないでしょうか?
「数値の結果をどのように解釈したら良いのかわからない」「数値の結果で、具体的にどうしたらいいかわからない」という疑問の声や、「こんなこと病院で質問してもいいのかな」という気がかりも良く聞かれます。

ユアクリニックでは、疑問や気がかりを聞かせて頂くことで、その人にあった方法をお伝えします。
もちろん、精査をしたら問題がないとの結果で安心につながったり、生活習慣の改善方法を伝えたり、場合によっては内服治療が必要な場合もあります。
健康になるためのお手伝いをしたいと考えておりますので、まずは受診して頂くことをおすすめします。

 

健康診断で異常値と指摘されやすい項目一覧

 

【項目一覧】
○糖尿病:血糖値、HbA1c
○高血圧:血圧
○脂質異常症(高脂血症):LDLコレステロール・中性脂肪
○高尿酸血症:尿酸値
○肝機能異常:AST(GOT)・ALT(GPT)・γGTP
○メタボリックシンドローム:体重、BMI、腹囲
○腎機能低下:クレアチニン(Cr)
○尿タンパク・尿潜血
○貧血:血色素量(Hb)

ユアクリニックでは、日本人間ドック学会(2022年版)を基準にしています。
詳細はこちら

 

それぞれの項目についてのポイント

○血糖値≧110、HbA1c≧6.0

糖尿病の可能性があります。血糖値は毎日の食事・運動によって常に変動しています。
HbA1cは、過去2.3カ月間の血糖の状態が反映されます。
糖尿病の検査・治療の詳細についてはこちら

○血圧:130/80mmHg以上

高血圧症の可能性があります。初期の段階では必ずしも薬は必要ない場合もあり、食事や運動などの生活習慣の改善でも血圧を下げることが期待できます。
高血圧の検査・治療の詳細についてはこちら

○LDL≧140、中性脂肪≧300、HDL<40

脂質異常症(高脂血症)の可能性があります。心筋梗塞になるリスクが人によって違いがあるため、自分にあった目標値を知るためにも、一度受診してみて下さい。
脂質異常症(高脂血症)の検査・治療の詳細についてはこちら

○尿酸値≧8.0

高尿酸血症の可能性があります。尿酸値が高い状態を放置すると、痛風発作を起こす可能性があります。腎障害、尿路結石、高血圧症がある場合は治療が必要になる場合もあります。
高尿酸血症の検査・治療の詳細についてはこちら

○腹囲:男性≧85cm、女性≧90cm

メタボリック症候群の可能性があります。お腹の周りに脂肪が蓄積する状態で、単に”太っている”というだけでなく、動脈硬化が進行しやすい状態です。
メタボリック症候群の検査・治療の詳細についてはこちら

○AST(GOT)/ALT(GPT)≧35/40、γGTP≧80

肝臓が障害を受けている可能性があります。肝臓は病気になっても自覚症状が出にくい臓器で、”沈黙の臓器”と言われています。原因は様々であり、生活習慣の改善により是正される場合も少なくありません。

○クレアチニン(Cr):男性≧1.09、女性≧0.79

腎機能低下の可能性があります。高血圧や糖尿病、もしくは腎臓の病気が見つかる場合もあります。尿タンパク・尿潜血があれば、慢性腎臓病の初期段階である可能性があります。

○血色素量(Hb):男性<12、女性<11

貧血が疑われます。貧血の原因は様々であり、治療方法も異なります。

 

ユアクリニックで出来ること

高血圧、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症などは、当院での診療が可能です。
・その他、大きい病院の紹介が必要な場合には、適切な病院を紹介いたします。
・当院で行える検査
 心電図、レントゲン、超音波検査(心臓・頚動脈・腹部・甲状腺)、血圧脈波、採血検査等

 

ユアクリニックでの受診について

当院に受診をご希望の方は、
予約ページから診療予約をお願いいたします。

▶検査・診療のご予約はこちら

予約に関しての詳細を知りたい方はこちら

 

文責:杉原 桂
SDGs

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME