メニュー

ドクターズブログ

氷かじり(2021.02.15更新)

院長の杉原です。

こんな人がいるのをご存知でしょうか?

「氷がだいすき」と思って毎日、ひそかに氷の塊をかじっている人がいるんです。ハリーポッターにでてくるようなネズミ人間というわけではありませんよ。

氷を無性にかじりたくなる、というのはある病気に特徴的な症状なんです。

そう、鉄欠乏性の貧血です。

医学部の教科書には異味症(異食症、異嗜症;PICA)と書かれています。

冷たいものが好き、なのではなく、氷のような硬い塊をカリカリとかじりたくなる奇妙な症状です。

昔の教科書には壁土を食べる、と書いてあったようですが、いまの家に壁土はありませんね。

 

患者さんも、まさか「自分の氷好き」と「鉄欠乏性貧血」が関係あるとは思ってもいません。

もし、氷が大好きだなあと思っている人がまわりにいたら、ぜひ貧血検査を相談してみるといいでしょう。

鉄剤の治療を開始して数日で症状は消えます。

おもしろい症状なのに、なぜこんな症状がでるかはいまだにわかっていないようです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME