メニュー

ドクターズブログ

薬物乱用頭痛を知っていますか?(2019.08.19更新)
市販の頭痛薬を飲んでいると  はじめは効いていたけれども、そのあとなかなか効かなくなるということがあります。ときに外来で「数十年来、鎮痛薬の内服を続けているけれども頭痛が良くならない」とおっしゃる方… ▼続きを読む

頭痛ダイアリーをつけることをおすすめします(2019.08.17更新)
頭痛にお困りの方は 自分の頭痛のパターンを知るために、頭痛ダイアリー(頭痛手帳)をつけることをおすすめしています。  クリニックでの診察時には、問診をして頭痛の性状やパターンをお聞きしながら診断を… ▼続きを読む

帯状疱疹後神経痛に効く薬とは(2019.08.15更新)
 帯状疱疹を発症したあとに、帯状疱疹後神経痛が生じた場合には、痛みのコントロールに困ることがあります。  帯状疱疹が発症して、前述のようにウイルスが神経や神経節で炎症をおこすと、神経が障害されてしま… ▼続きを読む

今更ですが、熱中症について(2019.08.05更新)
暑いですね。 湿度も高い。 僕は汗っかきだったので、 中学時代、野球やサッカーといった汗でびしょびしょになったり、スポーツ着が汚れるスポーツが嫌いで 水泳部を選びました。実際は水球部だったのですが、お… ▼続きを読む

水いぼ、どうしたらいいですか?こうしましょう!(2019.07.31更新)
  この時期によくある相談。 水いぼ、どうしたらいいですか?という質問。 僕が医師になってからずっと同じようなやりとりが続いている。 医師によって意見が違うからでしょう。 &nbs… ▼続きを読む

性教育について(2019.07.29更新)
「万引き家族」を観ました。 描かれている一部にはJKビジネスとして秋葉原でも行われているようなことであり、小児科医として無力感を感じるところでもあります。 ちょうど、東京保険医新聞では埼玉医科大学… ▼続きを読む

日本脳炎を生後6ヶ月から勧めている理由(2019.07.27更新)
詳細はこちらのハッピーノートの記事を参照してもらいたいのです。   1 日本脳炎ワクチンは本当は生後6ヶ月から接種することができる。 2 なぜか3歳から接種することが定説になっている … ▼続きを読む

製薬マネーデータベース=医師がいくら製薬会社からもらっているか(2019.07.27更新)
  どこからが癒着でどこからが、頼まれた仕事なのか。李下に冠を正さず、という言葉がある。 僕自身は、今でこそ製薬会社の名前がはいったボールペンなどは使うことがないように意識しているが、大… ▼続きを読む

食物アレルギーの発症を防ぐ(2019.07.24更新)
「乳幼児健康診査身体診察マニュアル」p.30より抜粋 湿疹があっても離乳食開始時期を遅らせない 食物アレルギーの発症を防ぐために   食物アレルギーは乳幼児期に多く、近年増加傾向にある… ▼続きを読む

夏休みになりました。海外にいく子どもたちとそのご家族へ。(2019.07.20更新)
私も8月末にはモンゴルへでかけます。しっかり狂犬病ワクチンを接種してでかけることにしています。 ●出発前の準備 「たびレジ」に登録し渡航先の最新安全情報を入手してください。外務省海外安全ホームペー… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME